お店やサービスをみつけるポータルサイト

浅草寺

> > あさくさかんのん 浅草寺

あさくさかんのん 浅草寺

商品・サービス紹介

あさくさかんのん 浅草寺

浅草寺縁起(由来)

時は飛鳥時代、推古天皇36年(628)3月18日の早朝、檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)の兄弟が江戸浦(隅田川)に漁撈(ぎょろう)中、はからずも一躰の観音さまのご尊像を感得(かんとく)した。郷司(ごうじ)土師中知(はじのなかとも:名前には諸説あり)はこれを拝し、聖観世音菩薩さまであることを知り深く帰依(きえ)し、その後出家し、自宅を改めて寺となし、礼拝(らいはい)供養に生涯を捧げた。

大化元年(645)、勝海上人(しょうかいしょうにん)がこの地においでになり、観音堂を建立し、夢告によりご本尊をご秘仏と定められ、以来今日までこの伝法(でんぼう)の掟は厳守されている。

広漠とした武蔵野の一画、東京湾の入江の一漁村にすぎなかった浅草は参拝の信徒が増すにつれ発展し、平安初期には、慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)さま(794〜864、浅草寺中興開山・比叡山天台座主3世)が来山され、お前立のご本尊を謹刻された。

鎌倉時代に将軍の篤い帰依を受けた浅草寺は、次第に外護者として歴史上有名な武将らの信仰をも集め、伽藍の荘厳はいよいよ増した。

江戸時代の初め、徳川家康公によって幕府の祈願所と定められてからは、堂塔の威容さらに整い、いわゆる江戸文化の中心として、大きく繁栄したのである。

かくして都内最古の寺院である浅草寺は、「浅草観音」の名称で全国的にあらゆる階層の人達に親しまれ、年間約3000万人もの参詣者がおとずれる、民衆信仰の中心地となっている。

メニュー・スペック

【雷門 (風雷神門)】
天慶5年(942)平公雅(たいらのきんまさ)によって創建され、その初めは駒形付近にあった。
鎌倉時代以降現在地に移建され、その時に初めて風神・雷神が奉安されたといわれる。

【宝蔵門 (旧称 仁王門)】
応永縁起によると、安房守平公雅が武蔵守に補任された天慶5年(942)その祈願成就御礼として建立された。
以来、数度の火災により炎上、その都度再建された。

【五重塔】
天慶5年(942)平公雅が本堂と共に建立したのを初めとして、その後数度倒壊、炎上に遭ったが、その都度再建された。

【本堂 (観音堂)】
昭和33年(1958)10月、全国ご信徒のご力添により再建された現本堂は鉄筋コンクリート、本瓦葺であり、昭和20年(1945)3月10日に惜しくも戦災で焼失した旧本堂(国宝、3代将軍徳川家光公建立)と同形態である。

カテゴリー ショッピングとサービス > 観光・旅行・宿泊・地域振興 > 観光名所
価格 参拝料は無料
住所 東京都台東区浅草2−3−1
連絡先電話番号 03-3842-0181
営業時間/定休日 年中無休 24時間参拝可能
(ただし、お堂の扉は6:00〜17:00のみ開放)
アクセス 東武伊勢崎線:浅草駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線:浅草駅より徒歩5分
つくばエクスプレス:浅草駅より徒歩5分
都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口より徒歩7分
サービスURL http://www.senso-ji.jp/
その他の商品・サービス
  • あさくさかんのん 浅草寺 (ショッピングとサービス > 観光・旅行・宿泊・地域振興 > 観光名所)

会員情報

会社名
浅草寺
所在地
東京都台東区浅草2−3−1
設立
628年
ホームページ
http://www.senso-ji.jp/ 

Bizloopサーチガイド

同じカテゴリーの登録情報